刺しゅう針の糸を10秒以内に通すスペシャリストのヒナママです(*’▽’)
器用だけが取り柄ということで壁紙張り替えに自分で挑戦してみました
ですが貼るだけやんと自信満々だった私のメンタルは一瞬にして崩壊

残ったのはクロスのりでべたべたなフローリングと私
やぶれまくったおニューの壁紙らしき残骸でした

実際に張り替えに挑んだ私の感想としては、

めちゃむずいやん、ふざけんなよ

という感じです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

そんな感想とともにこれから自分で張り替えようと考えてる人に
少しでもアドバイスになればと記事を書いていきますね!

壁紙を自分で張り替えする道具と金額

まず壁紙にはノリ付きかノリ無しがあります
ノリ無しであればノリを水で調合してローラーで壁紙に塗る必要があるのでめちゃ手間(職人さんであれば糊付け機を使って自動でぬります)

なので自分でするならノリ付きを選びましょう
そして壁紙張り替えに必要な道具は、

  • ローラー
  • カッター
  • 地べら
  • 竹べら

の4つが最低限あれば張り替え可能です

全部で1000円ぐらい
6畳壁1面クロスの材料は5000円ぐらいだとしたら、

合計6千円ぐらいでいけます。やすっ

なぜ私が壁紙張り替えで失敗したのか

youtubeとかの動画みてたら超簡単に貼りかえてたんですが
いざ自分でやると全く上手くいかなかったです

というのも初めて張り替えする「緊張」で身体が自由に動かない
本当にはゆっくり丁寧にやれば良かったのに焦るんですよ

クロスが思わない場所にべたっとくっつくし
ひっぱったらせっかく張った場所もとれちゃうし
カッターを使っても上手く切れなくてクロスがボロボロになっちゃうし

2回目張り直したら余裕でできたんですけど
正直初めて貼ると最初のイメージと違いすぎて本当にうまくいかない

だから最初は練習という気持ちでやったほうが良かったなと
まじ反省しています

結果として無理くり張った1回目のクロスはボロボロすぎて全部めくった
そんでクロスを買い直して2回目を貼ったので

材料費は1万円ぐらい
道具と合わせて1万1千円ぐらいかかりました
意外とかかったので今計算してまたショック受けてますww

壁紙を自分で張り替えするやり方(ヒナママのおすすめ)

初めて自分で張り替えする人であれば、

  1. 壁紙クロス道具を購入する
  2. クロス材料は2幅分ぐらい余裕をみて購入する
  3. 練習張り(クローゼットなどで1回試してみる)
  4. 本番張り

という流れがおススメです
ようは失敗する前提で少し余分目にクロスを購入しましょう
(2回購入すると送料とかも余分にかかります)

で練習張りは人目に触れないクローゼットの中とかの壁で試す
でイメトレして翌日に本番張りをする、という感じですね

ヒナママは手先の器用さがあったので練習なんて発想なかったですが
これから挑戦する人は面倒でも練習してから挑んでくださいね

まとめ

一応まとめとくと、

  • 自分で壁紙を張り替えるのは結構難しい
  • なので最初に練習してから本番に挑戦する
  • クロス道具と材料の値段は壁一面で1万円以内
  • 失敗すると1万円オーバー

です

ヒナママも多分次貼るときは完全に忘れてると思うので
練習してから本番貼るようにします、いっしょに頑張りましょー♪

ばいばい